アニメーション学習コンテンツをYouTubeで提供中

youtubeチャンネルへ

\画像クリックで風見紘文チャンネルへ/
株式投資

老後に必要なお金は?年金2000万円問題への対策はある。

こんにちは、風見です。

皆さん、ご自身が老後にいくら必要か把握していますか。
金融庁が老後に2000万円不足するという旨の報告書がニュースで取り上げられたことが記憶に新しいですね。
このニュースを機に老後に不安を感じた方は多いと思います。
今回はじゃあ一体いくら年金をもらえて、いくら足りないかということをシミュレーションするとともに、不足分をどう穴埋めすればいいかというところまでの提案をしたいと思いますので、最後までお付き合いして頂ければと思います。

老後の現状

先ずは現状の老後生活についてみていきましょう。
この図は厚生年金給付額は、夫(妻)が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8万円)で40年間就業し、妻(夫)がその期間すべて専業主婦(主夫)であった世帯が年金を受け取り始める場合の厚生年金給付額で、支出は総務省統計局の平成28年家計調査年報に基づくものです。

この図を見ると厚生年金で受け取ることが出来る金額22万円に対して支出が27万円となっており、約4万6千円が不足していることが分かります。

出典
<収入>厚生労働省:平成29年度の新規裁定者(67歳以下の方)の年金額の例
<支出>総務省統計局:平成28年家計調査年報

政府の試算でも既に毎月これだけの赤字というのは、長生きリスクという言葉がはやっているのも納得が出来ますね。

老後不足金をシミュレーションしてみる

では、ここからは現在の20~30代の人が実際にどのような状況になるかをシミュレーションしようと思います。

<前提条件>

夫婦二人世帯で夫婦ともに100歳まで生きる
(平均寿命は今後もますます伸びていくことが想定されること+長生きリスクを加味)

夫婦二人世帯の月間支出を30万円/月と仮定
(総務省統計の家賃が14,700円となっているので、最低でも約6万円は必要と判断)

夫婦二人世帯が受け取れる年金額を15万円/月と仮定
(今後益々受給金額が少なくなっていくことを前提。現状を知りたければねんきんネットで確認可能)

今回お話しする内容は現状多くの方が試算されているよりも少し厳しめの前提条件になるように設定しました。
というのも、実際に今の20~30代が受け取れる金額は政府の発表やねんきんネットよりも少なくなることを私自身が想定しているからです。

結果、毎月の不足額は15万円となり、100歳まで生きる場合は65歳から100歳までの35年間×15万円/月=5,400万円不足する可能性があることが分かります。

2,000万円という政府の試算でも驚かれたかもしれませんが、可能性としてはこのくらいのリスクがあるということを先ずは認識して頂ければと思います。

解決策

ここまででかなり絶望を感じられた方も多いと思いますが、大丈夫です。
日本政府が公言こそしないものの、年金問題を解決する手段は用意してくれています。
それが確定拠出年金と積立NISA制度です。
それぞれをしっかり利用すれば年金問題は解決できます。

確定拠出年金

それでは先ずは確定供出年金から見ていきましょう。
確定拠出年金についてまだ分からないという方は、この動画を見た後でもいいので、私の過去の動画を見て頂ければと思います。
確定拠出年金を夫婦で2万円/月を40年間、年利5%で運用したとします。
その場合、元本960万円に対して運用益が2100万円となり、3060万円の自分年金が出来きます。
毎度複利の効果の大きさには驚かされますね。
ちなみにこの年利5%という数値は過去の世界の株式の平均的な成長率を参考にしているので、到底高すぎる数値ではありません。
先ずは不足分5,400万円のうちの、3,060万円を用意出来ました。

積立NISA

次に積立NISAを見ていきます。
積立NISAに関しても過去に記事を出していますので、後程ご確認下さい。
積立NISAを夫婦二人で年間80万円を20年間、年利5%で運用した場合は、元本1,600万円に対して運用益が1,100万円となり、受取総額としては2,700万円となります。

いかがでしょうか。

  • 新卒から約40年間で確定拠出年金を毎月2万円/月
  • 積立NISAを45歳から20年間、夫婦で66,666円/月を積立てれば

二人合わせて65歳時点で5,760万円の資産が築けることになります。
厳しめの条件で試算した不足分の5,400万円をカバーできますね。

手取りが少ない20~30代までは2万円/月までの積立、手取りがある程度増えていく40代以降に積立NISAを活用することでなんとかなるということです。(※積立NISAが恒久化してくれる想定で話しています)

もちろん夫婦二人で支出が20万円/月で大丈夫という場合は必要金額が2,000万円で済むので、確定拠出年金だけでOKになります。

年金受取金額をもう少し多めに夫婦で20万円受け取れるという前提であれば、4,200万円ですむので、積立NISAをどちらか一人分でよくなります。

まとめ

将来いくらもらえそうか、いくら必要かは各世帯によりバラバラです。
ですが、私の厳しめの試算ですら、今政府が用意してくれている確定拠出年金と積立NISAという制度を使えばなんとかなる計算になります。

数値の大きさに惑わされずに、今できる最善の方法で適切なアクションを起こすことに専念して下さい。
人にどうにかしてもらおうと考えていてもどうにもしてくれません。

急に投資を始めるのは怖いという方がほとんどだと思うので、先ずは出来ることから、小額からでもいいので投資に慣れてみてはいかがでしょうか。
また、このブログでは投資未経験の方でも投資を理解してもらえるようなコンテンツを用意していますし、今後も提供していきますので、ぜひ一緒に資産を築いていきましょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村

【オススメの用途別 証券口座紹介】

▷NISA
楽天証券

▷日本株
SBIネオモバイル証券

▷海外株
SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

▷確定拠出年金
SBI証券 個人型確定拠出年金

▷ロボアド
Wealth Navi


【忙しいあなたにオススメの聞く読書】

Audibleはプロのナレーターによる朗読で、オーディオエンターテインメント・情報・教育関連のコンテンツを制作・配信しているAmazonのサービスです。

電車に乗っている時や運転中などの隙間時間を有効活用して読書をしてみましょう!

Amazonオーディオブックをチェック


【ブログランキング】

ブログランキングに参加しています!クリックして頂けるとランキングが上がりますので、宜しければ、応援クリックよろしくお願いします♬

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

 

【Betmobメディアに掲載中】

Betmob(ベットモブ)は個人投資家専用の投資情報メディアです。応援クリックよろしくお願いします♩

 

 

関連記事一覧
株式投資

【SPYD】高配当株ETFの代表SPYDのメリット•デメリットを私が投資している理由と併せて解説します【株式投資•不労所得】

2020年1月27日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は高配当ETFで人気のSPYDについて解説して行きたいと思います。 皆さんの中には高配当株に投資をし …
株式投資

【株式投資】パニック・暴落時の投資家心理とは。ダメな行動を解説

2020年1月22日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は暴落など、マーケットがパニック状態にあるときに取ってしまいがちな投資家アクションについてお話ししていきた …
株式投資

【株式投資】暴落と高騰のサイクルに目を向けよう【歴史は繰返す】

2020年1月18日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は記事タイトルにもあるとおり、株式市場は同じことを繰り返しているということについてお話ししていこうと思いま …