株式投資

長期投資でオススメの成功するための秘訣とは【株式投資】

こんにちは、風見です。

今回は長期投資で成功するために必要な”自信を持つ方法“についてお話ししていきたいと思います。

皆さんは、ご自身の投資内容に自信を持っていますか?はっきりと自信をもって「はい、自信があります」と答えられる人は多くはないのかなと思います。
かくいう私も100%自信があるかと言われるとまだまだなところがありますが、自信を持つために必要だと考えていることを4つ共有したいと考えていますので、ぜひ最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

なぜ自信を持つ方法を説明するかというと、自信を持つことで暴落局面でパニック売りをすることもなくなりますし、暴落局面で急いで買いに向かい、そこからまだまだ下がってしまって、リターンを最大化できなくなるといったことが少なくなるからです。

それでは一つずつお話ししていきます。

投資で自信を持つために必要な4つのこと

練習すること

投資で自信を持つために必要なことの一つ目としては「練習・トレーニングすること」です。
ここで、「は?」と思われるかもしれませんが、一番大切です。
当たり前のことですが、投資も練習なくして上達しません。

私見ですが、練習せずに成果をあげられることはこの世の中には何一つないと考えています。
天才と言われるイチローさんも毎日人の何倍も練習していました。
歌手の方も元々歌が上手いことは間違いないかと思いますが、プロとしてお金を稼ぐために毎日ボイストレーニングなどの練習、トレーニングは欠かしていないと思います。
それと同じで株式投資も全く練習しないで、いきなり大金を突っ込むと失敗する確率が高いです。

株式投資でどうやって練習するかというと、少額から始めることだと考えています。
よく少額で投資をしても意味がないと言われますが、私はこの意見には反対です。
むしろ最初は少額から始めるのが正解だと考えています。
小額からでも投資を始めると株価の動きに目が行くはずです。
そしてなぜ株価が動いたかを自然と調べるようになるでしょう。
そして株価が下がった時には嫌な気持ちになるでしょう。
そういう経験を通して、「世の中でこういったことが起これば、このくらい株価は下がるのか」や「自分は資産の何%減ったら、平常心ではいられなくなるのか」などといった気付きが得られます。
これらの気付きを通して成長し、徐々に金額を大きくしていくことが王道だと考えています。

ではいくらまでが少額かというと、それは人によります。
なくなってもいいというお金から始めればいいかなと思います。
(それでも分からないという方はこれまでの一番高い買い物の半額位が無くなるイメージでいいかもしれません。)

理解している銘柄にしか投資しないこと

自信を持つために必要なことの2点目としては、「理解している対象にしか投資をしないこと」が挙げられます。
なぜなら理解していないビジネスに投資をしてしまった場合は、右肩上がりの時は問題ありませんが、株価が下落に転じた時にはそのビジネスをホールドし続けることができないからです。
理解していない状態でその株価が復活するとは信じることが難しいです。

株式投資の基本は「安い時に買って、高い時に売ること」です。
ビジネスを理解していなければそもそも取得時に株価が価値を下回っているか分からないですし、株価下落時に価値が下がっているのか、変わっていないのかという判断もできません。

個別株に投資をする場合は、必ずそのビジネスのことを理解している状態にしておきましょう。

感情で投資しないこと

自信を持つために必要なことの3点目としては「感情で投資をしないということ」が挙げられます。
株価上昇局面で回りが利益を大きく上げている時に自分も早く利益をあげたいと思い投資をすればそれは高値掴みをしてしまっている可能性が高いです。
またみんなが売っている時に自分もパニックになり売却してしまっていてはリターンをあげることはむずかしいでしょう。
これも基本中の基本ですが、感情的ではなく、理性的に・計画的に投資を行うことでリターンをより大きく出来るようになります。

長期目線で取り組むこと

最後が「長期目線で取り組むということ」です。
株価は波を打ちながら進むものです。
どれだけいいビジネスに理性的・計画的に株を取得したとしても一時的にマイナスになってしまうことはあります。
そのようなときに損をしていると判断し、売却をするのは賢明ではありません。
本当に問題が起こっている場合などは除き、基本的には1年以上の長期目線で取り組みましょう。
私の場合は、基本的には少なくとも5年以上は保持することを心掛けています。
もちろん柔軟に対応することが求められるケースもありますが、基本的には投資の王道である長期的なリターンを目指しているので、短期的な株価の上下にはあまり関心がありません。

まとめ

以上のことを出来るだけ心掛けることで、私は多少の株価の上下では心がざわつかなくなりました。
株式投資を始めた当初は毎日含み益や含み損のことをきにしていましたが、今は1ヵ月に1回くらいしか株価の確認はしません。

VTの定期買付と個別株の研究が私の投資生活でのアクション事項になっています。

今日紹介したこと以外にも大切だと考えていることはありますので、また別の機会でお話しさせて頂きますが、ぜひ皆様も「自分はこういう風にして自信をもっている」といった意見などをコメント欄に書いていただけると嬉しいです。

本日も最後までお付き合い頂き有難うございました。

関連記事一覧
株式投資

【米国株ETF】VOOのメリット•デメリットを解説!S&P500への投資が最高のパフォーマンスだった件【銘柄分析】

2020年2月6日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は今世の中で最も人気のある投資対象の一つであるVOOについて、解説していきたいと思います。 今回は次 …
株式投資

投資で失敗する理由 5つの共通点とは

2020年1月30日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は投資で失敗する時に共通する5つの共通点についてお話ししていきたいと思います。 投資歴が長い方で失敗をしたことがないという人はほぼいないと思 …
株式投資

【株式投資】パニック・暴落時の投資家心理とは。ダメな行動を解説

2020年1月22日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は暴落など、マーケットがパニック状態にあるときに取ってしまいがちな投資家アクションについてお話ししていきた …
株式投資

【株式投資】暴落と高騰のサイクルに目を向けよう【歴史は繰返す】

2020年1月18日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は記事タイトルにもあるとおり、株式市場は同じことを繰り返しているということについてお話ししていこうと思いま …