投資ノウハウ

【暴落は無視でOK】投資で成功する 3つのコツを解説|失敗しない投資

こんにちは、風見です。

今回は「暴落は無視が正解!投資で成功するコツを解説」というテーマで、暴落を無視するべき2つの理由と投資で成功する3つのコツをそれぞれ解説します。

先日このようなツイートをしました。

https://twitter.com/hirofumi_kzm/status/1300783082216153089

👑投資で成功するコツ

統計データを調べれば調べるほど、暴落に付き合うのはバカらしく思える😅

売買が難しいことも、下落期間が上げ相場の期間よりも短いことも明らか💡

  • 雑音に耳をかさない
  • 長期チャートを見る
  • 仲間を見つける

こう言った基本に立ち返って、失敗を未然に防ごう☺️

こういった内容です。

今回はこの内容を深掘りする形でお話ししていきます。

今年はもうすぐ大統領選が始まったり、コロナ第二波がくる可能性があったりと、まだまだボラティリティの高い相場が続きそうなので、ぜひ今回紹介するデータや考え方を皆さんの投資方針の参考にして頂ければと思います。

最初に簡単に自己紹介させて頂きます。

わたしは給与所得を全世界株式への投資に回して、一部を米国株式ETFや個別株に投資しています。

ポートフォリオのざっくりとした内訳はこの円グラフの通りです。

個別株にも投資をしていますが、インデックス投資が中心です。

暴落は無視するべき2つの理由

はい、それでは本題です。

先ずは、私が暴落を無視すべきだと考える理由2つの理由と背景にあるデータをお話しします。

理由1:適切な売買をするのは難しい

暴落を無視した方がいいと考える理由の1つ目は、「暴落を避けようと売買するのは得策ではないから」です。

株式相場では、数年に1度は暴落に遭遇してしまいます。

長期投資を前提にしている場合は、ほぼ100%の確率で暴落や急落には遭遇してしまいます。

このグラフは1929年以降のS&P500の暴落時のデータをまとめたものです。

下落が始まった年月、下落継続日数、下落の幅が分かります。

このグラフからも長期投資を前提としている場合には、最低でも20%を超える暴落は覚悟しておかないといけないということが分かります。

今回のコロナショックは、これまでと比較すると非常に短い特殊な下落だったということがこのグラフから分かりますね。

ただ、こういった話をすると、

下落が数年に一度はくると分かっているなら、下落のタイミングで売却して底をうってから買い戻したらいいじゃないか

と思われる方も多いと思います。

私も実際にそのような売買が出来ればそれに越したことはないと思います。

ただ、現実にタイミングを見て売買するのは非常に難しいです。

このグラフは1997年から2016年までの間で適切な売買タイミングを逃すことのインパクトが可視化されたものです。

出典:https://mesafinancialgroup.com

1番左のグラフは1997年から2016年までの5218日間の間に投資したままだった場合の年率平均リターンを表しており、結果は7.7%となりました。

一方で、その一つ右のグラフは5218日間のうちで、売買をしており、売買をした結果、株価が上昇したベストな日を10日間逃した場合の年率平均リターンを表しています。

結果は4.0%にまでリターンが落ち込みました。

ベストなたった10日間を逃しただけで年率リターンにこれだけの影響を与えてしまうのは、割と衝撃的な数値だと思います。

実際に売買をしている方なら分かっていただけると思いますが、ポジションを持っていない状態で株価がリアルタイムで上がっていても、超短期的には割高で天井掴みが怖くなり、なかなかエントリーできませんよね。

ただ、もしそれが短期的な上昇ではなかった場合はこのグラフのような致命的な影響を受けてしまいます。

その場その場の判断に自信がある人なら、このようなデータは気にならないかもしれませんが、多くの人にとっては示唆に富むデータになっているのではないでしょか。

理由2:下落相場は上昇相場よりも短い

次に、暴落を無視するべきだと考えている2点目の理由は「下落相場は上昇相場よりも短いから」です。

このグラフは1970年から2017年の9月までのS&P500のブル相場とベア相場の期間と影響を可視化したグラフです。

出典:https://mesafinancialgroup.com

このグラフを見るとベア、つまり下落期間は上昇相場の期間に比べて非常に短いということが分かります。

また上昇の幅を考えると下落の幅というのは些細なものということもよく分かりますね。

例えば1番右の下落であるリーマンショック時は約16ヶ月で51%も下落しましたが、その後は100ヶ月以上の上昇相場が続き300%以上のリターンに繋がっています。

確かに50%の下落と聞くと辛いですし、実際に1年以上もズルズルと下落していくと、その期間は投資家としては非常に長く、非常に深刻なものに思えてきます。

ただ、実際はこのグラフの通り下落相場は上昇相場に比べるとインパクトも期間も大したことがないというのが現実です。

分かっていても投資家心理が邪魔をする

以上、ここまでで暴落は無視するべき2つの理由をお話ししてきましたが、ここまでの内容を聞いて、

そういったデータは何となく知っていたけど、実際に暴落に直面すると無理だった

という方もいらっしゃると思います。

実際に2020年のコロナショックでは暴落時に耐えられずに狼狽売りをしてしまったという人もいると思います。

こういったデータを知っていることで暴落時の助けにはなりますが、メンタル面のダメージまで補ってくれるかというと十分ではないかもしれません。

このグラフは投資家心理を表しているものですが、株価下落時のパニックや憂鬱な気持ちは恐らく体験したことがある人でないと理解しがたいほど、私たち投資家にとっては強制力のある感情ですよね。

投資家心理

投資で失敗しない為の3つのコツ

そこで、今回はメンタルケアという側面から私が実践している暴落に耐えるための3つのコツも合わせて紹介します。

雑音に耳をかさない

先ず1つ目のコツは「周りの雑音には耳をかさない」という点です。

暴落時は投資をしている人もしていない人も私たち投資家の不安を煽るような発言を繰り返します。

リーマンショックの時は

「金融システムは崩壊して、今後は以前の姿には戻らない」

今回のコロナショックの時は

「世界は変わった。もう二度と以前のような生活には戻らない」

といった内容の発信がTVをはじめとした各種メディアで連日のように発信されました。

このような情報を耳にし続ければ、それまであった自信もなくなってくると思います。

なので、暴落時というのはTVや新聞などの極度にネガティブに感情を揺さぶるような記事は見ないようにすることをオススメします。

また、メディアがそのような発信をする意図を理解することも助けになるかもしれません。

というのも、大々的に民衆を煽った方が、視聴率や発行部数は増えるので、発信しているメディアの利益に繋がるわけです。

「メディアの皆さんもお金を稼ぐために必死だなあ」

という冷静な思考に繋げましょう。

長期チャートを見る

コツの2つ目としては「長期チャートを見る」ということが挙げられます。

いくら情報を制限しても、恐らくある程度はネガティブな情報というのは入ってくると思います。

その時に助けになるのが、「長期チャートを見る習慣」です。

確かに今回のコロナショックも年初来や数年といった範囲で見てしまうと影響が大きく見えてしまいますが、少なくとも20年やそれ以上の範囲のチャートにすると大したことがないということが、視覚的に理解できます。

むしろ、「最近は割高だったから助かった〜」と思えるかもしれません。

私は普段から長期チャートを見るようにしていますが、今回のコロナショックも長期チャートしかほぼ見ていなかったのが、狼狽売りしなかった理由の一つになっていることは間違いありません。

仲間を作る

そして3点目が「同じ志を持っている仲間を作る」ということです。

今回紹介したような知識やデータを普段からよく学んでいて、長期投資を共にできるような仲間がいると自分たちの方針を確認しながら暴落を乗り越えることができます。

私の場合もメンターにしている投資家さんの情報発信を見たり、意見交換をしたりすることで、平常心を常に保つことができました。

私自身、暴落時は皆さんの心を落ち着かせることができるような情報発信をしてきたつもりです。

もし、周りに長期投資を志している信頼できる仲間がいない場合は、私のチャンネルがその役割を果たせると思うので、一緒にがんばっていきましょう。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

今回は市場にボラティリティが戻ってくる前に知ってて欲しい、暴落を無視するべき2つの理由と暴落を乗り越えるための3つのコツというテーマでお話ししてきました。

皆さんの投資生活の参考になっていれば幸いです。

それでは皆さん、今日も素敵な1日をお過ごし下さい!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
関連記事一覧
投資ノウハウ

S&P500暴落の裏にある真実【これを知っておけば2番底も怖くない!】

2020年7月23日
InvesTube|株式投資を学ぶブログ
こんにちは、風見です。 今回は「これさえ知っておけば2番底は怖くない!暴落を学び、相場の特性を理解する」というテーマで、来るかどうか分 …
投資ノウハウ

【悲報】個別株投資で長期投資はほぼ不可能【インデックス投資の真の強み】

2020年8月26日
InvesTube|株式投資を学ぶブログ
今回は「個別株投資での長期投資はほぼ不可能レベルに難しい」というテーマでお話ししていきたいと思います。 こんにちは、「最近2日前の晩ご …
投資ノウハウ

【GAFA】投資のリターンが凄すぎる【集中投資が怖い人へのおすすめ代替案も】

2020年8月8日
InvesTube|株式投資を学ぶブログ
「投資で儲けたいならGAFAに投資をしろ!!」と言われているかのように、アメリカのITの巨人たちへの資金流入が止まりません。 コロナウ …
投資ノウハウ

日本の連続増配株投資もおすすめ 連続増配ランキング【株式投資】

2020年8月2日
InvesTube|株式投資を学ぶブログ
こんにちは、風見です。 今回は一般的に株主意識があまり高くないと言われている日本企業の中で、非常に高い意識を持って株主に価値を還元し続 …