株式投資

投資に対する期待とギャップ 4選

こんにちは、風見です。

今回は多くの方が投資に対して持っている期待と現実とのギャップについてお話していきたいと思います。
というのも、投資に対して過度な期待を持ったまま始めた人はその現実と直面した時に投資を途中でやめてしまうかもしれないからです。

投資の現実をしっかりと認識してもらうことでより良い目標設定や手法の選択をし、継続的に投資に向き合って頂きたいと思い、今回は話をしていきます。
ぜひ、最後までお付き合い頂ければと思います。

期待とギャップ

投資はあなたを一夜でお金持ちにする

先ず一つ目のギャップは、投資は一日であなたをお金持ちにしてくれるというものです。
投資は一夜であなたをお金持ちにはしてくれません。

投資したい、もしくはしている人の中には投資によって大きな富を一夜にして築けると考えている人がいるかもしれませんが、それは多くの場合は間違いです。
もちろん一夜にして多くの利益をあげ、大金を手に入れることが出来る人はいます。
ただし、そのような人はたいていの場合は元々お金持ちの人であることが多いです。

投資元本が100万円の人と1億円の人では同じ10%の株価上昇でも、100万円の人は10万円しか儲からないのに対して、(実際は10万円は大金ですが、、)1億円の人は1000万円の利益を上げることになります。
多くの方はどちらかというと前者ではないでしょうか。

もちろんレバレッジを掛けてリターンを大きくすることは出来ますが、それは投資ではなく、投機になってしまいます。(投機を否定しているわけではありません)

投資で資産を築くのには一般的には時間を要します。
その時間の長さは残念ながら資金の差により変わります。
先ほどの例の様に元々資産が大きい人はさらにリッチになるのにかかる時間は比較的短い一方で、資産が小さい人が大きな資産を手に入れるためには時間が掛かります。
資産が育つのには時間が掛かる一方で少なるなるのには比較的時間を要しないのが怖いですね。
投資で資産を築こうと思う場合は少なくとも10年は見積もった長期的な計画を立てるようにしましょう。

割安銘柄は絶対に損しない

たとえ相対的に割安な銘柄でも損することはありえます。
特にVTのように広く分散された金融商品の場合は長期的にみると割安、割高という概念はあまり当てはまりません。
一方で個別株に関しては短中期的に割安局面はあると考えています。
そして投資家、もしくは投資を志して勉強している人の中には、明らかに相対的に割安な株に投資できれば損はしないと期待する人がいますが、それは間違いです。
確かに短中期的に割安な局面で株を仕込めれば、中長期的にはリターンをあげられるでしょう。
ただしリターンをあげる、それまでの道のりは決して一直線ではありません。
例え優良な、割安な銘柄でも多くの場合はその株価をさらに下回ります。
それが短期的な下落なのか、その後も長期的に続く下落なのかを見分けることは難しいです。

ただし、本当に優良な銘柄の場合はしっかりと元の水準には戻ることが期待できると思います。
重要なのは割安だと感じても、忍耐強く割安な根拠を把握し、その後の見通しを自身でしっかりと納得してから投資をすることです。

投資により経済的自由を達成できる

投資により経済的自由になれるかどうかはあなたの資金力に大きく依存します。
そして多くの人は投資により完璧な経済的自由を手に入れることには時間を要します。
資金が十分に多くない人は投資により、少し豊かな生活を送れるようになったり、定年退職を少し早めることができるというのが現実的な目標かもしれません。
ただし、時間をかけてゆっくりと資産を育てることで確実に豊かになることはできます。
重要なのは少し豊かになったところでも労働を続けて投資にお金を少しずつでも回し続けることです。
継続的・長期的な投資がリターンを大きくしてくれます。

インデックス投資は確実に稼げる

私は一貫してインデックス投資をオススメしています。
これは個別銘柄投資を否定しているわけではもちろんありません。
長期的に資産を築くという視点で私がより好んでいる手法だということです。
ただし、インデックス投資をすれば必ずリターンをあげられるか、損をしないかといわれるとそうではありません。
日本の失われた10年や投資の出口時期でリーマンショックに会ってしまった人はインデックス投資でも損をして終わった人はいると思います。
つまり長い株式市場の歴史の中では、マーケットがマイナスの状態で投資生活を終えることもあるということです。
盲目的に「インデックス投資は大丈夫」「ありったけの資金を一括投資しても大丈夫!」という認識だと痛い目をみるかもしれません。
またそういった期間にもインフレが進めば実質的なリターンのハードルはさらに高くなり得ます。

特に定年間近の方や投資の出口に向かわれている方は十分にその点を認識しましょう。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。
今回紹介した期待を持っていた方もいるのではないでしょうか。
今回話した内容はあなたの期待を裏切ってしまうものだったかもしれません。
一方、投資で成功するために必要な認識も持っていただけたと思います。

私は投資を始めるなと言いたいわけでは決してありません。
投資は多くの方にとっては必要なアクションだと思います。
ぜひ投資に対する過度な期待を排除し、現実的な戦略で実践して頂ければと思います。

継続的な入金により着実に目指すべき姿に近づいていきましょう。

以上、最後までお付き合い頂き有難うございました。

関連記事一覧
株式投資

【米国株ETF】VOOのメリット•デメリットを解説!S&P500への投資が最高のパフォーマンスだった件【銘柄分析】

2020年2月6日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は今世の中で最も人気のある投資対象の一つであるVOOについて、解説していきたいと思います。 今回は次 …
株式投資

投資で失敗する理由 5つの共通点とは

2020年1月30日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は投資で失敗する時に共通する5つの共通点についてお話ししていきたいと思います。 投資歴が長い方で失敗をしたことがないという人はほぼいないと思 …
株式投資

【株式投資】パニック・暴落時の投資家心理とは。ダメな行動を解説

2020年1月22日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は暴落など、マーケットがパニック状態にあるときに取ってしまいがちな投資家アクションについてお話ししていきた …