アニメーション学習コンテンツをYouTubeで提供中

youtubeチャンネルへ

\画像クリックで風見紘文チャンネルへ/
株式投資

【株式投資】ウォーレン・バフェットからの7つの教え【基本】

こんにちは、風見です。

皆さんは投資ルールをどのように決めているでしょうか?
伝説の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学は多くの投資家が参考にしています。
皆さんも既にご存知のモノもあるかもですが、今回は私が特に印象に残っている言葉を7個紹介させて頂きます。

バフェットの言葉をベースに私の理解・考えを紹介できればと思いますので、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

理解できないビジネスには絶対に投資しない

先ず最初にご紹介するメッセージは「理解できていないビジネスには絶対に投資しない」です。
この投資哲学は当たり前だと思われがちですが、投資を続けていく中で忘れ去られていくものでもあるかなと思います。
ついつい、みんなが買っている銘柄や自身がリスペクト指定る人が紹介している銘柄は投資してみたくなるものですが、実際に投資をするときは自分自身がそのビジネスがどのようなものかを理解している必要があります。

バフェットの場合は特に金融セクターとテクノロジーセクターのポートフォリオ比重が大きい傾向にありますので、このセクターに強みを持っているのではないでしょうか。

ただし、強みのあるセクターが偏っていても、ある一つのセクターに集中しすぎるのはあまりよくありません。
例えば、いくらあなたが金融カテゴリーに強い人でもポートフォリオを100%金融銘柄で占めるのはリスクが高いと思います。

そういった前提がありますが、やはり投資の基本は自身がしっかりと理解できているビジネスを対象にするというのが基本と言えるでしょう。

程よい企業の株を割安な価格で買うより、優良企業の株を程よい価格で買う方が良い

次に紹介するメッセージは「程よい企業の株を割安な価格で買うより、優良企業の株を程よい価格で買う方が良い」です。

この考え方は個人的には非常に重要だと考えています。
多くのバリュー投資家はそこそこの企業が割安になった時に投資することが多いです。
確かに割安なタイミングで投資をすることは大切です。
ただそれ以上にその投資対象が本当に優良な企業かということの方がより重要だというバフェットからのメッセージですね。

 

10年間その株を持ち続ける意思がないなら、例え10分でもその株を持つべきでない

次に紹介するのは「10年間その株を持ち続ける意思がない場合は、例え10分でもその株を持つべきでない」です。
端的に言うと「長期投資をしなさい」ということですね。
投資はトレードとは別物です。
投資とはある企業もしくはマーケットの成長に自身の資産を投じ、その成長により自身の資産を育てていくことだと私は考えています。
投資をする目的は自身の資産を増やすことのはずで、リスクを最小化することが望ましいと思います。
投資は長期を前提に行うことでリスクを低減できます。

一方でトレードはまさに戦場です。
プロ対プロ、プロ対アマ、アマ対アマで利益を取り合っています。
このような環境で利益をあげ続けるのは非常に困難です。
不可能とは言いません。
実際にトレードの世界から短期間で大金を手にする人がいるからです。
ただ、忘れてはいけないのはトレードの世界から大金持ちが現れるということはそれだけお金を取られる人もいるということです。

マイナスサムゲームではなく、長期投資によるプラスサムゲームに参加すること。
バフェットは10年という長い期間を前提に企業もしくはマーケットの成長に自信の資産を投じることが重要だとしています。

理性的であれ・感情的になるな

次に紹介するメッセージは「理性的であれ・感情的になるな」です。
これは誰しも理解はしていることですね。
経験的にも感情的に投資をすると失敗することがおいです。
例えば、普段は長期投資を前提に考えている投資家もトランプ大統領のTwitterで株価が一夜で5%落ちた時に買い増ししてしまう人も多いと思います。
これ自体は必ずしも悪いとは思いませんが、もしその後に長期的な景気後退が来てしまった場合、どうでしょうか。
5%の下落時にキャッシュの多くを投じてしまった場合、その後の下落にはついていけません。
景気後退の時は1年以上の長期間にわたってズルズルと株価は落ちていきます。
そしてその幅は決して5%や10%といったものではなく、20%、30%と落ちていくことも多いです。
「割安になった!買い時だ!」と感情的になってしまうとこのような場合は結果的には良い機会を逸することになるでしょう。
暴落時の対応も事前に計画しておき、その計画に則り対応していくことが好ましいでしょう。

株式投資を簡単だとは思うな

次のメッセージは「株式投資を簡単だとは思うな」です。
株式投資をするのに天才である必要はありません。
ただし、簡単だと思い全く勉強せずに挑むのは愚か者のすることでしょう。
株式投資で学ぶべきことは非常にシンプルだとは思います、ただしシンプルであることが、株式投資を簡単であるということにはなりません。
最低限必要な知識を身に着けていない投資家はすぐに市場から退場することになると思います。

退屈な投資が成功の秘訣

次に紹介するメッセージは「退屈な投資が成功の秘訣」です。
これはバフェットが奥さんに自身が亡くなった時は資産の多くをSP500に投じるようにと言っているように、確実なリターンを安定的に得るためにはインデックス投資がよりベターな投資法であるということです。
確かにAmazonやテスラ、IPOなどへの投資はワクワクしますが、より確実にリターンを狙えるのは至ってシンプルな退屈な投資のケースが多いと思います。
私の場合はVTをコアに投資をしていますが、VTへの投資は何の感情も湧いてきません。
ただ計画通りに淡々と投資していくのみです。

他人にお金を預けることはその人の生活を豊かにするだけ

次のメッセージは「他人にお金を預けることはその人の生活を豊かにするだけ」です。
あなたの資産を他人に運用してもらうことは良い方法とは言えないでしょう。
理由はあなた以上にあなたの資産のことを真剣に考えている人はいないからです。
資産運用のプロがあなたからお金を預かる理由は、自分が手数料で生きていくためです。
プロに運用を任せずともバンガード社やブラックロック社がインデックス投資で手数料が非常に低い素晴らしいETFを出してくれています。
投資のアドバイザーにアクティブ運用を頼むなら、無難にインデックス投資をすることを個人的にはおすすめします。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。今回はバフェットからのメッセージを元に私の意見を紹介させて頂きました。

バフェットに関する書籍は多く出ていますので、皆さんも影響を受けているバフェットの言葉や考え方があればぜひコメント欄で教えて頂けれ場と思います。

なお、本日お話しした内容は100%の正解を示すものではありません。
投資は各人の目的に合わせて柔軟に変えていくものですので、様々な意見に触れ、自身の投資哲学を固めていっていただければと思います。

以上、本日は最後までお付き合い頂きありがとうございました。
また、次回も宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村
関連記事一覧
株式投資

【米国株ETF】VOOのメリット•デメリットを解説!S&P500への投資が最高のパフォーマンスだった件【銘柄分析】

2020年2月6日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は今世の中で最も人気のある投資対象の一つであるVOOについて、解説していきたいと思います。 今回は次 …
株式投資

投資で失敗する理由 5つの共通点とは

2020年1月30日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は投資で失敗する時に共通する5つの共通点についてお話ししていきたいと思います。 投資歴が長い方で失敗をしたことがないという人はほぼいないと思 …
株式投資

【株式投資】パニック・暴落時の投資家心理とは。ダメな行動を解説

2020年1月22日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は暴落など、マーケットがパニック状態にあるときに取ってしまいがちな投資家アクションについてお話ししていきた …