資産形成

節約から始める資産形成とは 〜投資を始める前にやるべきことを学ぶ〜

こんにちは、風見です。

皆さん資産形成と資産運用の違いをご存知ですか。簡単にまとめると次の通りです。

  • 資産形成…現在資産のほとんどない人が資産を増加させること
  • 資産運用…形成した資産を株や不動産等に投資し、さらに増加させること

今回はこの資産形成について、私なりの意見を話していきたいと思います。

資産形成とは。資産運用との違いは?

一般的に資産形成とは金融資産1000万円までのことを指すことが多いようです。
会社員の場合は、収入から生活費などの支出を除いた残りの金額を資産形成に回すことになります。
資産形成をするためには、大きく分けて2つの方法があります。
一つが収入を上げる方法、もう一つが支出を抑える方法です。

資産形成の為には、収入UPではなく支出を抑える努力をしよう!

先ほど資産形成の為には、収入を増やす方法と支出を抑える方法の2つがあると話しましたが、私はまずは支出を抑える方法を圧倒的にオススメしています。
というのも、一般的な会社員にとって給与を安定的に増やすことは、難しいからです。

日本の多くの企業(特に一部上場は)は年功序列制度をいまだに採用しています。
年功序列制度とは勤続年数や年齢に応じて賃金や役職が上昇する制度のことです。
一方、成果主義は能力や会社への貢献度によって賃金や役職が決まる人事制度のことです。
日本の多くの企業は年功序列制度が採用されていますので、どれだけ頑張って会社に貢献しようと昇給がないということです。(もちろん成果主義の会社もありますが、、)

一方で支出を抑えるのは簡単です。
毎日昼食代に1000円掛けている都内の会社員であれば、毎日の食費を600円のお弁当に抑えるだけで、年間10万円ほどの節約になります。
スマートフォンのキャリアを三大キャリアにしている方は格安SIMにするだけで、毎月5000円程節約になり、年間では6万円の節約になります。

例として昼食代とスマホ代の2つで年間16万円の節約が出来ると話しましたが、実はこの16万円にはそれ以上の価値があります。

1万円の節約には55万円の価値がある!?

チェロ
チェロ
1万円には55万円の価値があるってどういうこと??詐欺!?
ホワ
ホワ
詐欺じゃないよ、ちゃんと説明するからね!

皆さん株式投資の配当利回りがどのくらいかご存知でしょうか。

東証一部の配当利回りは2018年の平均で約1.8%

2006年までは1%を割っていたことを考えると、ここ数年の東証一部企業の配当利回りは比較的高い水準ですね。
では、1万円の配当を得ようと思ったらいくら投資をすればいいでしょうか。
答えは1万円÷1.8%=55万円となります。
つまり1万円の配当を受け取る為には55万円投資する必要があります。
会社員の皆さんが収入-支出で残ったお金で55万円を捻出する為には、何ヶ月必要ですか?
人にもよりますが月収30万円、支出20万円の夫婦二人暮らし世帯が55万円を捻出する場合は、6カ月必要です。たった1万円と思ってもその1万円を配当金で得ようと思うとそれだけの時間が掛かるのです。

では、先ほどの昼食代とスマホ代の16万円を捻出する為にはいくらの資金が必要かというと、、、888万円です!

すごい数値になりましたが、事実です。16万円節約するということには、それだけの価値があるのです。

節約ばかりでは人生貧しくなる

このような話をすると、「節約ばかりしていても人生楽しくない!」といった意見も出てくるかと思います。
私も何でもかんでも節約することには反対です。
私の場合は、そもそも資産形成・資産運用をする目的は「人生をより豊かに、より幸せにする」為です。
節約する為に美味しいご飯を全く食べなかったり、旅行にも行かないのでは、そもそも豊かな人生は歩めません。
「それでもいい!とにかく資産を大きくすることが目的だ!」という方はぜひ頑張って貰えればいいと思いますが、多くの方はそうではないと思います。

私が節約をお勧めするのはあくまでも、「無駄な出費を抑えるようにしよう」ということです。
私の場合の無駄な出費は、例えばスマホ代やタクシー代が当てはまります。
スマホは三大キャリアではなく格安SIM、タクシーには乗らずに電車で移動すればいいのです。
いずれの場合も、連絡をとる、目的地にたどり着くという目的は達成できますから。
余計な支出をする必要はありません。

ただ、もう何も支出を減らせないという方は、副業などをして収入を増やすことに取り組んだ方がいいと思います。
ここで間違ってもしてはいけないのが、資産拡大スピードを上げようと思って、無理に資産運用にお金を回すことです。
キャッシュポジションを十分に保てていない投資活動はいずれ破綻します。
収入をあげるのも難しい、支出を減らすのも難しいという場合は、目標を見直しましょう。

支出を見直すことが資産形成の近道

いかがでしたでしょうか。節約の大切さを感じてもらえたでしょうか。
資産運用の重要性に気付いたばかりだと、焦って資産形成をしてしまう方もいるかと思いますが、資産運用は最終的な目標を達成するための手段であって、資産運用そのものが目的ではないと思います。

ぜひ、皆さんそれぞれが最終的に目指すゴールに近づくための手段として、節約を有効活用してみてください。

関連記事一覧
株式投資

不労所得で人生をより豊かに

2020年1月8日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は不労所得で人生をより豊かにしようという話をしていこうと思います。 不労所得とは読んで字のごとく、働かずに得ることのできる所得のことです。 不 …
株式投資

確定拠出年金のデメリット【最強の節税制度】

2019年12月28日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 前回は確定拠出年金のメリットについてお話ししましたので、今回はデメリットについてお話ししたいと思います。 まだ前回の記事を見られていない方はぜひ今回 …
株式投資

投資を始める順番を解説【株初心者】

2019年12月17日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は投資を始めたいけど何から始めればいいのか分からないという人向けに、私がオススメする投資の順番についてお話ししていきます。 初心者にオススメな順番は …
自己投資

楽天経済圏で賢く節約【最強のポイント活用】

2019年12月19日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 普段のちょっとした工夫でお得に暮らしたくないですか? 楽天経済圏を上手く活用すれば、何もしない場合と比べるとかなりお得な生活ができます。 今回は「 …