アニメーション学習コンテンツをYouTubeで提供中

youtubeチャンネルへ

\画像クリックで風見紘文チャンネルへ/
資産形成

日本新車販売状況 ランキング 【2018年1~12月】

2018年新車販売実績をまとめました。
景気指標としては鉱工業生産指標や失業率、消費者物価上昇率などがありますが、私は新車販売台数もその国の景気指標を示す重要な要素と考えています。毎月の日本の新車販売状況を記事としてまとめますので、売れ筋車種の確認に加えて、景気・経済状態を把握の参考にして頂ければ思います。

  • 投資家:新車販売状況を通して、日本の経済・景気を把握する
  • 新車購入を検討している方:売れ筋商品の確認

日本 2018年 新車販売実績

  • 2018年の日本の新車販売は527万台で前年同期比0.7%増
  • 登録車は335万台で前年比1.3%減
  • 軽自動車は192万台で前年比4.4%増

(出典:日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会、各社発表)

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した新車販売実績では、総台数は527万台と2年連続での前年超えに加えて、大台の500万台を突破しました。
登録車販売は335万台で前年比1.3%となり、3年ぶりにマイナス成長となりました。下期に関しては17年に発生した完成検査問題の影響があったこともあり、前年超えとなる月もありましたが、一年を通して一進一退の販売レベルとなりました。一方で軽自動車は192万台で前年比4.4%増と2年連続で増加しました。本田の「Nシリーズ」やスズキの「ジムニー」などの新モデルの販売が堅調に推移したことで全体を底上げしました。

登録車新車販売 メーカー別・機種別 ランキング

  • 国内TOPシェアのトヨタが前年比5.5%減の147万台と大幅減
  • 不正が発覚したスバルも前年比17.2%となり大幅に前年を下回った

メーカー別ランキング

2018年通年の登録車販売台数メーカー別ランキングは下表の通りとなりました。出典:日本自動車販売協会連合会、各社発表

トヨタは新機種効果が薄れてきたアクアやプリウスの販売減の影響で、大きく前年割れとなりましたが、ダントツNo.1は維持してますね。
日産はゴーン社長の不正疑惑があったものの、2017年に完成検査問題で生産停止期間があった為、反動で前年比4.3%増とりました。

機種別別ランキング TOP10

2018年通年の登録車販売台数、車種別別ランキングは下表の通りとなりました。

出典:日本自動車販売協会連合会、各社発表

1位:NOTE・日産

 

 

 

  • ガソリン車、ハイブリッド車を選択可能
  • 低燃費で経済的

ガソリン車の価格は140~230万前後の価格帯で18-26km/Lの燃費性能、ハイブリッド車の価格は190~246万円前後で34-37km/Lの燃費性能となっています。
ガソリン車は販売価格が比較的安く、燃費性能も高いのでコストパフォーマンスがいいですね。一方でハイブリッド車は価格こそ少し高くなりますが、ハイブリッド車の分、高い静粛性脳や燃費性能が魅力です。
なんにせよ、日本で一番売れた車ですから、このサイズの車を検討されている方の第一候補になることは間違いありませんね。
個人的にも軽自動車の価格が200万円前後する中で、性能と価格を両立させているNOTEは販売台数1位にふさわしいと思います!

2位:Aqua・トヨタ

 

 

 

  • マイナーチェンジによる見た目の向上(消費者に飽きさせない工夫)
  • 圧倒的な燃費性能という商品力

アクアは2011年12月に発売されていこう、マイナーチェンジを繰り返してきました。
・2013年 乗り心地と内装の質を向上&ノイズを軽減
・2014年 車体の剛性(頑丈さ)向上
・2015年 緊急自動ブレーキを作動できるトヨタセーフティセンスCを採用
・2017年 車体の剛性をさらに向上、フロントマスク(前から見た顔)刷新
こうしたマイナーチェンジを繰り返してきたことで発売から時間が経ってもその見た目には古さを感じさせず、好印象な評価が多いようです。
また、燃費性能は公式数値トップの38.0km/Lと驚異的な燃費性能が最大の魅力と言っていいでしょう。

3位:Prius・トヨタ

 

 

 

  • 高い燃費性能と静粛性のを両立
  • 前回モデルから乗り心地改善
  • パーキングアシスト機能により駐車が楽!

新型プリウスは「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」という設計思想をもとに開発された最初の車両で、街中ドライブでも感じることができる快適性が売りの一つです。そして燃費面でも実走行での燃費性能が25-30km/L程といレビューがある程高く。お財布に優しいというのも人気のポイントですね。

軽自動車新車販売 メーカー別・機種別 ランキング

  • 増税の影響で16年172万台まで減少した後、2年連続の回復
  • 本田N-BOX、スズキSPACIAなど広い室内空間を売りにした車が特に人気
  • 登録車含めた新車販売の中でも軽自動車がTOP4を独占

メーカー別ランキング

ダイハツが2年連続で軽自動車販売台数No.1となりました。ダイハツとスズキは近年熾烈な販売合戦を繰り広げていますね。投入してくる車両も魅力的で、軽自動車に対するイメージも変わってきたように感じます。

出典:全国軽自動車協会連合会、各社発表

機種別別ランキング TOP10

2018年通年の軽自動車販売台数、車種別別ランキングは下表の通りとなりました。

出典:全国軽自動車協会連合会、各社発表

1位:N-BOX・本田

 

 

 

  • 室内空間の広さ
  • 外観デザイン、室内インテリアの質感

メーカー別売上高としては、ダイハツとスズキに遅れをとっている本田ですが、車種別ではしっかりとNo.1をとりました。乗降者を楽にするスーパースライドシートに、広い荷室に加えて、高い静粛性により、運転中の同乗者との会話も実現したことが、評価されましたね。価格も119万円から170万円程と最近の軽自動車の価格としては割高感がないこともポイントになったのではないでしょうか。堂々の2年連続新車販売No.1も納得です!

2位:スペーシア・スズキ

 

 

 

  • 1位のN-BOXと同様広い室内空間
  • 脱ママワゴンを目指したデザインにより若者にも人気

上記ポイント以外にも、軽自動車初の後退時ブレーキサポートやマイルドハイブリッド採用による優れた燃費性能など、充実の性能を実現。本田N-BOXと同レベルの130~190万円という価格で堂々の軽自動車第2位の販売となりました。

3位:デイズ

 

 

 

 

  • 外観、インテリアに高い評価
  • 自動ブレーキ、踏み間違い防止アシスタントなど充実の安全装備を標準搭載

デイズは製造元である三菱自動車の不正によりイメージダウンを余儀なくされましたが、販売元である日産の積極的な拡販体制に加えて、各種安全装置を標準装備にしていることによる車両への安心感、燃費不正があったとはいえ、高い燃費性能であることから2018年軽自動車販売ランキング第3位にランクイン。特に従来の加速抑制機能に加えて、前後進とも衝突する恐れがあると判断した場合は自動的にブレーキを作動させる「低速衝突軽減ブレーキ性能」が追加されたことが評価されたようです。

まとめ

2018年の新車販売のトレンドは、燃費性能・広い室内空間・安全性能の3つだったのではないでしょうか。その中でも、軽自動車の性能の充実によりコスパの面でも軽人気が再燃しているように思います。2019年もしばらくは同じトレンドが続くでしょう。
日産やスバルの不正を始め、暗いニュースが日本自動車産業を取り巻いていますが、良いモノ作りの文化は絶やさず、今年もいい商品を出して欲しいですね。

以上、2018年の新車販売実績レポートでした。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村

【オススメの用途別 証券口座紹介】

▷NISA
楽天証券

▷日本株
SBIネオモバイル証券

▷海外株
SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

▷確定拠出年金
SBI証券 個人型確定拠出年金

▷ロボアド
Wealth Navi


【忙しいあなたにオススメの聞く読書】

Audibleはプロのナレーターによる朗読で、オーディオエンターテインメント・情報・教育関連のコンテンツを制作・配信しているAmazonのサービスです。

電車に乗っている時や運転中などの隙間時間を有効活用して読書をしてみましょう!

Amazonオーディオブックをチェック


【ブログランキング】

ブログランキングに参加しています!クリックして頂けるとランキングが上がりますので、宜しければ、応援クリックよろしくお願いします♬

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

 

【Betmobメディアに掲載中】

Betmob(ベットモブ)は個人投資家専用の投資情報メディアです。応援クリックよろしくお願いします♩

 

 

関連記事一覧
株式投資

不労所得で人生をより豊かに

2020年1月8日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は不労所得で人生をより豊かにしようという話をしていこうと思います。 不労所得とは読んで字のごとく、働かずに得ることのできる所得のことです。 不 …
株式投資

確定拠出年金のデメリット【最強の節税制度】

2019年12月28日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 前回は確定拠出年金のメリットについてお話ししましたので、今回はデメリットについてお話ししたいと思います。 まだ前回の記事を見られていない方はぜひ今回 …
株式投資

投資を始める順番を解説【株初心者】

2019年12月17日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は投資を始めたいけど何から始めればいいのか分からないという人向けに、私がオススメする投資の順番についてお話ししていきます。 初心者にオススメな順番は …
自己投資

楽天経済圏で賢く節約【最強のポイント活用】

2019年12月19日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 普段のちょっとした工夫でお得に暮らしたくないですか? 楽天経済圏を上手く活用すれば、何もしない場合と比べるとかなりお得な生活ができます。 今回は「 …
資産形成

【数値で示す】マイホームと賃貸どちらがお得? 投資家目線で比較してみた【メリット・デメリット】

2019年3月9日
株で勝つ方法・思考を考えるブログ
こんにちは、風見です。 今回は「マイホームを持つか、賃貸で暮らしていくか。最終的にどちらがお得かわからない!」といった方に対して投資家 …